当院ではラエンネックを使用しています。

プラセンタは、若見え効果に対しては世界中で注目を浴びています。

母体と赤ちゃんとを結ぶ胎盤からのエキスで、胎盤は赤ちゃんの成長に必要なあらゆる栄養物質が含まれているといわれています。

プラセンタは元々更年期障害、肝臓の疾患の治療に使われていたものです。

その研究から、エイジングケア治療にも効果的であるということがわかってきました。皮膚の弾力を担っている真皮層のコラーゲン、エラスチンの生産を促し、シワやたるみを改善します。

また細胞分裂を活発にするため、増えてしまったメラニン色素や色素沈着してしまったシミを、垢として外に追い出す機能が早くなります。

新陳代謝を良くして、肌表面に上がってこないメラニン色素や老廃物を血管の中で吸収して体外に排出させます。

さらに、メラニン色素自体を作りにくくさせる抗酸化作用もあり、シミ自体をできにくくさせ美白効果も望めます。ます。

医薬品のプラセンタは、全て厚生労働省の認可を受けた安全なヒト胎盤エキスを使用しています。

 

量と頻度について

当院で推奨しているプラセンタ注射の「量」と「頻度」です。

最初の4週
その後
プラセンタ注射
週に2回
1回あたり1本
週に1回
1回あたり2本
プラセンタサプリ
毎日2~4粒(寝る前)

注射と併用

今までプラセンタ注射を受けたことはあるが、あまり効果を感じなかったという方は、注射の頻度と量、期間が足りていないことがほとんどです。
当院では、しっかりと効果を実感するために、最初の1か月は週に2回、1回あたり1本(1アンプル=2ml)を注射します。4週間で効果を実感できる方が多いため、その後は効果を維持するために、1週間に1回、1回あたり2本の注射をお勧めします。

上記のアンプル数以上に注射したとしても、打ちすぎになることはありません。一度に5アンプル(5本)や6アンプル(6本)打っていただいても良いのですが、プラセンタは一度に沢山打つよりも、こまめに分けて頂いた方が効果が持続します。ご自分の体調に合わせて、ご利用ください。
頻繁に通院できないという方でも最初の4週間は最低週に1回、1回あたり2本の注射をしてみてください。プラセンタは継続することが大切ですので、必ずしも当院で注射する必要はなく、お近くの皮膚科で注射を受けていただいても構いません。

効果

美容外科
シミ、シワ、くすみ、肌荒れ、乾燥、赤み
アトピー(新陳代謝の促進、美白作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、保湿作用、繊維芽細胞活性作用によるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生産)
婦人科
更年期障害、月経痛、月経不順、乳汁分泌不全、高プロラクチン血症など
内科
肝炎、肝硬変症、慢性膵炎、糖尿病、慢性胃炎、胃弱、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、
潰瘍性大腸炎、気管支喘息、慢性気管支炎、高血圧、低血圧、習慣性便秘、膠原病など
外科
慢性関節リウマチ、変形性関節症、関節炎、神経痛、腰痛、五十肩など
皮膚科
アトピー性皮膚炎、乾癬、わきが、湿疹、あかぎれ、シミ、ソバカスなど
神経科
自律神経失調症、不眠症など
歯科
歯槽膿漏、歯周病など
その他
疲労、冷え性、虚弱体質、病中病後の体力回復、強壮、強精など

料金一覧

1アンプル【2cc】
1,650円
8アンプル【週2施術の1か月分】
11,000円